セパゾンにも離脱症状がある

セパゾンにも副作用がある?

セパゾンは、ベンゾジアゼン受容体という脳内に広く、存在しているものに作用していきます。抑制する作用をして、緊張感や不安感を緩和する効果があります。強迫神経症、恐怖症などにも効果があると聞いています。また、セパゾンは心身症、うつの症状、手術前の不安を取り除く薬としても使われています。

 

セパゾンの主な副作用として、めまい、嘔吐、ふらつき、脱力感などが出てくることがあります。体が突っ張るような感覚で、筋肉が硬くなる症状や、存在しないものが見えたり、他の人には聞こえない音が聞こえたりする場合は、セパゾンの副作用の初期症状が出ている可能性があります。この症状が出ている場合には、依存症になる可能性があると聞いています。意識が急に乱れたり、思考が正常に出来なくなることあります。離脱症状として、手足の痺れや、倦怠感が出る人もいると聞いています。


体力系アルバイト

ソラナックス 効果・副作用・離脱症状