リーマスの効能

リーマス錠について

リーマスは、中枢神経に作用していくお薬です。抑えられない感情や、行動を抑制する効果があります。一般的には躁病(支離滅裂な行動をしたり、言葉を発したり、以上に気分が高揚するような病気)、躁うつ病の薬として使っていきます。リーマス錠は市販されていません。医師の処方箋が必要です。

 

リーマスの副作用としては、喉が渇いたり、下痢や、尿が減少したり、手足の震える症状などが起きてきます。手足の振るえや、嘔吐、意識がぼんやりするような症状が出ている場合には、リチウム中毒が疑われます。意識が薄れたり、判断力が低下する場合には、痴呆や、意識障害が疑われます。このような症状が出ている場合には、利用を止めて医師に相談をしてください。リーマス錠の服用を中止したときの離脱症状が出ない人も多いと聞いていますが、人によっては出る可能性も否定は出来ません。もちろん、離脱症状には個人差があります。自己判断で、飲むのをやめたり、量を増やしてはいけません。


体力系アルバイト

ソラナックス 効果・副作用・離脱症状