パキシル

パキシル

パキシルは気持ちが不安になったり、何かと悲観的になってしまいやすくやる気がなかなか出ない、集中できなくて何をしてもうまくいかないなど憂鬱な気持ちでふさぎ込みやすくなるうつ病の症状を緩和して、気分を高めて気持ちを楽にしてくれる効果があるお薬です。うつ病の他にもパニック障害や社会不安障害などにも用いられているお薬です。

 

そして、パキシルの副作用としては、あまり重い症状は見られないとされています。他の抗うつ剤では口の渇きや便秘といった症状がよく見られていましたが、パキシルの場合はあまりこういった症状は見られないようです。最も多く見られる症状としては吐き気がありますが、2週間ほどでさほど気にならないほどに落ち着くとされています。飲み始めの頃には不安感や落ち着かないという症状が見られることもありますが、これらも数日で落ち着くようです。まれにセロトニン症候群や悪性症候群といった体の震え、不安感、興奮、発熱などの症状が起こる場合もあります。通常ではないパキシル 副作用の症状にお気づきの場合はすぐに医師に相談してください。

 

パキシルは症状の改善に伴って急に服用を中止するのは避けてください。離脱症状によって揺り戻しが起こり、以前の症状に逆戻りする恐れがあります。自己判断で中止するのではなく、必ず医師の指導の元で徐々に服用する量を減らしていくようにしてください。再発を起こさないためにも必ず専門医師の指示に従って服用量を守るようにしましょう。


体力系アルバイト

ソラナックス 効果・副作用・離脱症状